新潟の地酒の販売 酒のいのうえ > お酒の話 > 【お燗に向く酒、向かない酒】 酒の話No.5

【お燗に向く酒、向かない酒】 酒の話No.5

「良い酒は冷に限る」とお思いの酒通の方が多いようです。
冷やした吟醸酒や大吟醸をおしゃれなグラスで呑む。
そんなスタイルが日本酒のイメ-ジを変えたことは確かです。
しかしながら「燗酒なんて」と酒の燗が否定されることは寂しいことでありお酒の楽しみ方を半分捨てていることになると思います。

燗酒には、冷酒にはない効用や独特の味わいがあります。
温かい酒は、消化を助け料理の油を洗い流してくれますので合わせる料理の幅が広がります。また冷やのときには気づかない酒の個性を教えてくれます。

数ある銘柄から燗に向く酒を選ぶひとつの目安は酒の造りです。純米酒、本醸造、古酒などは燗向きで「燗上がりする酒」です。燗上がり、燗冴えする酒とは、お燗に耐えうる「力のある酒」燗をしたほうがぐっと味がよくなるお酒のことです。火入れをしてじっくり熟成させたものがお燗向きなのです。

また、火入れをしていない「生酒」や「にごり酒」「吟醸酒」などは冷やして味わうお酒です。これらはどちらかというとフレッシュな味わいやフル-ティ-な香りを楽しむお酒だからです。

燗酒をおいしく呑むコツは、好みの温度に温め冷めないうちに呑むことです。
日本酒はこのように幅広い飲用温度に対応できる世界でも類のない優れた特性を持っています。たまには徳利に盃で小粋に味わってみるのも楽しいですよ。

※情報提供日本酒造組合中央会

by   at 22:44
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません