トップページ » 新潟の地酒 » 萬寿鏡 謹醸 「F40」(エフ ヨンマル)発売

萬寿鏡 謹醸 「F40」(エフ ヨンマル)発売

萬寿鏡「F404」
新潟県加茂市にある酒蔵「萬寿鏡」より11月に限定試験醸造酒として「F40」が発売されます。
このF40というお酒は、マスカガミが限定試験醸造した酒です。
誕生の経緯は、本来、大吟醸用に育成した酒米「越淡麗」の一部が水分過多で等級外となり普通酒にしか使えなくなったことから始まりました。

酒米としてはあまり重要とされない乾燥不足での等級外はもったいなく、それならばその米で究極の普通酒を造ってみたいという蔵人の情熱と探究心から今回1回限りの試験醸造を行う運びとなりました。F40という名称は普通酒で(酒米:越淡麗)40%精米した造ったお酒という意味です。

通常、マスカガミでは大吟醸は、越淡麗で40%精米です。また同社の普通酒は五百万石を60%精米です。
そんな訳で、まず日本中探しても越淡麗で40%精米の普通酒はありえません。
仕込は普通酒の造りということで全く大吟醸と同じわけではありませんが、相当にスペックの高いわくわくするようなお酒が期待できると思います。

また価格面でも通常、この規格であれば一升5,000円~6,000円はくだらないと思いますが、晩酌でお試しできる価格となっております。お酒好きなあなた。ぜひこの機会にお試しください。

※1.8L=2,700円(税込)・720ml=1,350円(税込)です。
酒のいのうえでは只今予約受付中です。ご購入ご希望の方は是非ご連絡ください。
お問い合わせは、電話0250-62-2214、メールinfo@yoi-sake.comでお願い致します。

上記の記事は10月28日に掲載のものですが、この記事に追記致します。
本日は11月5日です。11月2日にF40入荷致したのでさっそく私もさっそく飲んでみました。
大吟醸にほとんど近い造りということでまずは冷やして。
上立香は、控えめで吟醸香が立つ感じではありません。口に含むと優しい甘さとほどよい酸味があり、口中に含み香が広がります。全体にまろやかでやさしい味わいです。
常温ではほどよいキレも感じました。私個人的には、常温が好みかな。
まだ試していませんが、経験的カンでおそらくぬる燗もいいかもしれません。
いずれにせよ、なるほど普通酒というよりこれは大吟醸といっても過言ではないお酒でした。

※11月17日現在、F40は売切れ致しました。

by   at 16:09