2017/09/21 久保田 雪峰(せっぽう)新発売!

kubotaseppou.jpg
久保田の蔵元、朝日酒造より本年9月21日の”久保田 雪峰(せっぽう)”が新発売されました。
このお酒は、朝日酒造と三条市に本社のあるアウトドアギアで有名なスノーピークとのコラボレーション企画として製造販売されました。開発のコンセプトは、四季の自然を楽しみながらゆっくりと気心知れた仲間と日本酒を酌み交わす。そのお酒が"久保田 雪峰"です。ちなみに雪峰はスノーピークの社名を和訳したものです。
久保田雪峰は、純米大吟醸で山廃仕込となっております。
四季の自然の中でゆっくりとお楽しみいただくための、特別な久保田です。山廃酒母がもたらす絶妙に調和した懐の深い味わいが特長で、個性的で野趣あふれるアウトドア料理にもバランスよくマッチします。季節やお好みに合わせた温度で楽しむことができ、冷やすとシャープな酸味とキレのある後味が、温めるとまろやかで個性的な香味が際立ちます。
また商品ボトルや化粧箱は、スノーピーク社のコーポレートカラーのブラックで統一されお洒落で高級感のあるテイストとなってます。
容量は500mlのみで屋外に持ち出しやすいサイズ感となっております。
価格は2,981円(税込)です。
ぜひこの機会に一度お試しください。
※ご購入希望の方はこちらをクリックしてください。酒のいのうえ商品紹介・購入ページ

by   at 17:36  | Permalink

越乃寒梅百十周年祝酒「一輪一滴」発売!

110iwai.jpg
今年で創業110周年を迎える石本酒造から110周年の祝酒として「一輪一滴」というお酒が9月25日にリリースされます。

越乃寒梅百十周年祝酒「一輪一滴」発売!の続きを読む

by   at 10:30  | Permalink

久保田純米大吟醸 新発売!

kubota_new_b.jpg

2017年6月14日、朝日酒造より「久保田純米大吟醸」が新発売されました。
従来の久保田商品とは趣がことなり、グレードを表す百寿、千寿などの表示はありません。
また発売時期も、6月、10月の年2回の限定販売です。
久保田には、萬寿や碧寿という純米大吟醸がありますが、風味はかなり異なります。
さてその味ですが、従来の久保田商品が淡麗辛口ベースなのに対して新商品の久保田純米大吟醸は洋梨やメロンを思わせる華やかな香りと、甘みと酸味が調和した上品な味わいがあり、さらに久保田シリーズの特徴である雑味を抑えた滑らかなキレの良さも併せ持つ純米大吟醸です。口に含むと香味が広がり、後味は流れるような余韻が心地よく感じられます。
昨今、日本酒のトレンドは、香りが立ち、ちょと甘めの旨口でジュシーな酸が感じられるお酒が人気を博しております。そのトレンドを当然意識している商品ですが、朝日酒造の蔵人の力を結集した非常にバランスの良いお酒に仕上がっております。ぜひ一度、お試しください。
※価格は1.8Lで3,672円(税込) 720mlで1,696円(税込)となります。
ご購入ご希望の方はこちらまで→酒のいのうえ久保田商品サイト

by   at 16:54  | Permalink

新商品「越乃寒梅 灑(さい)純米吟醸」誕生

sai_katon1.jpg

「越乃寒梅」の蔵元、石本酒造(新潟市)が新たに30~40代を中心顧客に設定した新商品「越乃寒梅 純米吟醸酒 灑(さい)」を6月17日に発売します。

発売に先立ち、6月1日には東京都内でマスコミ各社そしてゲストに俳優の中尾彬・池波志乃ご夫妻をお招きし、また6月5日には新潟市内のホテルオークラにて新商品の発表会が盛大に執り行われました。私も新潟会場の発表会に行ってきました。

石本酒造の越乃寒梅ブランドで通年販売する日本酒としては45年ぶりの新商品となります。
料理に合わせやすいキレの良さなどを売りに新たな顧客層の開拓を目指しています。
昨今、人気の甘味や酸味、華やかな吟醸香など強いインパクトを持つ日本酒が好まれる中、灑は、時流とは一線を画す存在と言えます。ここが石本酒造のこだわりです。

 「灑」は新潟県産の酒米「五百万石」と兵庫県産の酒米「山田錦」を原料に採用し、繊細でキレのある味わいを表現。 2つの酒米を使うことで若い年代にも受けの良い口当たりのなめらかさを実現しました。渋みを抑えた軽やかな味わいにして食事に合うようにしたそうです。
幅広い温度帯でおいしくお召し上がりいただけます。(10℃~40℃)

尚、お酒の詳細、ご購入ご希望の方は下記の「酒のいのうえ」をクリックしてください。
弊社のHPへリンクされております。

※価格:720ミリリットル(税込で1,620円)と1.8リットル(同3,240円)の2種類です。

ご購入希望の方は、こちら「酒のいのうえ」をクリックしてください。

by   at 16:07  | Permalink

久保田生誕30年

久保田30年周年記念酒

お酒の久保田といえば、今では全国に認知された新潟県を代表する銘酒です。
その久保田が誕生して今年で30年を迎えました。
久保田誕生の沿革は、とても簡単には語れませんが、敢えて簡単に紹介いたします。

久保田生誕30年の続きを読む

by   at 18:38  | Permalink

萬寿鏡 謹醸 「F40」(エフ ヨンマル)発売

萬寿鏡「F404」
新潟県加茂市にある酒蔵「萬寿鏡」より11月に限定試験醸造酒として「F40」が発売されます。
このF40というお酒は、マスカガミが限定試験醸造した酒です。
誕生の経緯は、本来、大吟醸用に育成した酒米「越淡麗」の一部が水分過多で等級外となり普通酒にしか使えなくなったことから始まりました。

萬寿鏡 謹醸 「F40」(エフ ヨンマル)発売の続きを読む

by   at 16:09  | Permalink

「鶴齢純米吟醸原酒」登場!

鶴齢純米吟醸原酒
久しぶりのブログです(笑)
このたび、南魚沼市(旧塩沢町)の青木酒造では、今回1回限りの限定で「鶴齢純米吟醸原酒」を発売いたしました。
蔵元割り当ての本数のため当店ではHPには掲載しておりません。
価格は、原酒なのに鶴齢純米吟醸1.8Lと同じ3,240円(税込)。
もう少し高くともいいのに...と言うほどにお得感があります。
また販売店も原則、初呑みきり参加店限定というレアなお酒です。

「鶴齢純米吟醸原酒」登場!の続きを読む

by   at 17:13  | Permalink